あなたの人生を変える魔法の法則”存在効用主義”について

たいした話はしない。この世界にある、ごく当たり前のことについてだ。ただあなたの人生を変えるかも知れない。

“効用存在主義”

モノには”効用”というものが存在する。例外はない。

説明をするのが面倒なら、これでこの法則についての紹介は終わりだ。でもそうしないのは、おそらくこれだけでは何を言われているのかまったくわからないだろうから、しょうがなく続きを書く。

私は自分の胸の中にこの言葉を深く刻み込んでいる。なぜかといえば、この法則がわかれば、人生において本質的に慌てることがほぼほぼなくなるからだ。この法則は万物において有効といえる。なぜかといえば、この法則には例外がない。

この法則は今から10年近く前に気づいた。それ以降、この考えが変わったこともなく、例外に出会った事は一度もない。逆に歳をとればとるほど、この法則の存在を感じずにはいられなくなる。そもそも実証が不必要なほどに、理屈として完結してしまっているのだ。先も後もない、ただただ「そうだったのか」に収束する。

メリットを話そう。

この法則を理解すれば悩みが探求になる。探す行為となる。行為が発生する、ということは既に変化したということで、過去幾多もの人々が酒を片手に「人生を変えるのは難しい」「性格は変わらない」という心の涙がただの化石となる。この法則はそれくらい画期的だし、干からびゆく心が水を得た魚になれる話でもある。

すべては簡単だ、とはいわない。むしろ、より難しいかも知れない。私自身がたまたまこの思考に向いていて、私だけが使いこなせる魔法の杖の可能性もある。ただ同じように使いこなせるのであれば、人生においてこれほど圧倒的なアドバンテージはない。これは私が求め続けて見つけた、世界に幾つかある真理の中のひとつである。

ただ、この法則を知ると同時にどうしようもない現実にも直面することになる。まずいきなりスーパースターやヒーロー、英雄のようにはなれない。世界はすさまじく緻密で精密な歯車によってくみ上げられており、先人達が言うように現実を変える、というのはやはり神がかった仕組みの恩恵に限るのだ。

だが同時に緻密・精密であるが故に、一つ変化をすれば波状の変化はまぬがれない。一つの歯車が変われば、それに相対する歯車もまるでオセロのようにくるくると回転し、それは個人を変化させていってしまう。こうなってしまえば、もはや変わらないことは難しい。

神様のごとき所業を要するのに、ひとたび石を投じればいともたやすく変化していく。必要なのは最初のわずかな地力に他ならない。

攻めにも守りにも使えるこの法則を・・・・・・よくよく伝えられたら、とは思うものの。なんだか書くのも面倒なので、、、いやいや、長くなるので、何回かに分けて書いていこうと思う。ほんとのことは書くのに胆力がいるのだ。わざわざ書く気にもならない。

誰かのためになるのであれば、頑張れるかもしれない。

そこには意味が存在するから。

人生を変えるには、小さな積み重ねが大切なのだ。

 

クリックいただけると幸いです。

最新情報をチェックしよう!