寂しさを埋める言葉に首埋め  生の温もりあなたに想う

 

 寂しさを埋める言葉に首埋め

 生の温もりあなたに想う

 

 ただただ触れている箇所から伝わる熱が、あなたのもので、心の発作は静まってゆく。

 時間という概念は存在しないという記事に伴い、この落ち着きもすべて存在しない出来事なのだという考えが頭の中を渡り歩いていく。

 そうであってたまるものか。積み重なったデータの賢人が、脳の各所で叫び出すが、では私は誰だと思考が問いかけた。

 私は私である。

 蚊帳の外から誰かがそっと呟いた。

最新情報をチェックしよう!