曇天を作る空雲青い道  抱えたお腹そろそろ落ちる

 

 曇天を作る空雲青い道

 抱えたお腹そろそろ落ちる

 

 仕事場への道の途中に、見通しの良い広い川があるのですが、その橋の上からジブリの映画にでも出てきそうなもくもくと空高くまで積み上がった雲が飛んでいるのが見えました。

 さながら東北へ向けて行群していくかのようでその日、特定の地域では猛烈なゲリラ豪雨が降り、水害が発生したようです。

 遠くの山脈まで見渡せる広い空の半分は雲で覆われていたように思います。普段生活区域ではない高い空の上まで積み重なった雲を見て、不思議と普段自分が見ている世界が知らず知らずのうちに狭まっているのも感じました。空は広く、そして高く、そして圧倒的なスケールで流れていきます。

 都会でもこんな雲が見える日があることを知りました。

最新情報をチェックしよう!