生きてれば どうにかなるさ ごめんねに  力不足と 悔しさ落ちる

Photo by Modern Affliction on Unsplash

 生きてれば どうにかなるさ ごめんねに

 力不足と 悔しさ落ちる

 棺に並ぶ前で、君にお金や手続きの段取りをさせてしまうことを虚しく思う。この人生のほとんどは君をそこから遠ざけるためにあったというのに、君は逃げる方法を知らないから。

 君が悲しむことがあれば、助けられてほしい。私は涙をこぼし、体を震わせ、その心を体の芯の奥の奥へとしまう君を見ている。

 君に幸あることをあの世から思う。

最新情報をチェックしよう!