真ン丸ニ焼鳥刺シテ烏会  笑って過ごせる友だち遊び

 

 真ン丸ニ焼鳥刺シテ烏会

 笑って過ごせる友だち遊び

 

 ピアノ線のようにピンと張り詰めた空気感に踊らされるように布団から這い出した。やらなければただ地べたで這いつくばることになる。楽しい笑顔を思い浮かべて生きるのではない。苦しい時から逃げたくて、重力に逆らおうとしているのだ。

 気付いてないだろう。背後には餓鬼がいつでも待っている。誰でもだ。境界線の上を息を張り詰め歩いて行こう。

最新情報をチェックしよう!