迫り来る布団の肌に受けとまれ  どうやら今日はここまでらしい

 

 迫り来る布団の肌に受けとまれ

 どうやら今日はここまでらしい

 

 仕事から帰り、夕食の支度をして家事をして、それから家族のマッサージや寝かしつけをしている。だけど、今日はマッサージの途中で力尽きてしまったようだ。本当はそれからライティングの案件に取りかかりたかったけれど、どうやら一定以上布団の上にいると、体は起き上がれなくなるらしい。まず腕に力が入らなくなり、マッサージをする足を平行に眺めるようになり、ほっぺが布団に付いたところでゲームセットだ。

 起きたら朝日はすっかり昇っていて、取り出されるのをまっていたパソコンは、仕事から帰ってきたままバッグにしまわれていた。

 これじゃいけない、と思うがこの思考はすでに千回唱えられている気がする。秘密兵器もあることだし、気を取り直してまた頑張っていこう。千一回目がきても、諦めないで続けていこう。

最新情報をチェックしよう!