食べないよそういう母の優しさに  気付かず食らう想い連なる

 

 食べないよそういう母の優しさに

 気付かず食らう想い連なる

 

 温かい日だまりは私のご先祖様が生まれたときから今にいたるまで、連綿と垂れ下がり続ける紐のように今のここまで伸びてきたのだろう。

 気付けば私もまた誰かへ繋げている。それはきっと同じなのだ。母が私に与えてくれたように母もまた、その母から与えられている。

 遺伝子のように連なった想いは、私の胸の中にある。

 ありがとう、生かされているよ。

最新情報をチェックしよう!