CATEGORY

海馬の筆

  • 2021年1月31日

花揺れる 天地回転 神のまにまに

  花揺れる 天地回転 神のまにまに   振り回されて振り回されて、ようやく今がある。 どんな日常にも新しいものが始まってゆく。回転に耐えられるかどうかだ。

  • 2020年8月14日

気がつくと隣の人の息がない  熱帯夜から体戻らぬ

   気がつくと隣の人の息がない  熱帯夜から体戻らぬ    寝苦しい夜が続きますね。眠るときは、いったん体温が下がらないと疲れもなかなか抜けません。最近では、専門家もエアコンをつ […]

  • 2020年8月13日

曇天を作る空雲青い道  抱えたお腹そろそろ落ちる

   曇天を作る空雲青い道  抱えたお腹そろそろ落ちる    仕事場への道の途中に、見通しの良い広い川があるのですが、その橋の上からジブリの映画にでも出てきそうなもくもくと空高くま […]

  • 2020年8月10日

線香の先からのぼる煙見て  頭を垂れる百億の民

   線香の先からのぼる煙見て  頭を垂れる百億の民    白い枠にはまったモニターの中で、アイドルの一人が真剣なまなざしで考え込んでいるのが見えた。モニターにその姿は映ってはいな […]

  • 2020年8月7日

幸せと騙すことしか幸せの  条件だよと神が微笑む

   幸せと騙すことしか幸せの  条件だよと神が微笑む    腰をロープで縛られて、、暗がりの部屋に浮かび上がるように設置されているモニターの映像をじっと見つめ続けていた。モニター […]